会話を盛り上げる

会話が大切

女性は1日のなかでおよそ1万語しゃべってストレスを溜めないようにしている、という研究結果があります。どの国でも女性は2人以上集まると会話が始まるので、最近合った出来事や、気になっていること、ファッションやメイクについてなど様々なジャンルについて話し合います。女性同士ではない場合でも、異性とコミュニケーションを図るために話をしたり、聞いたりするスキルが身についています。会話することでお互いのことについて情報交換ができるので、距離を縮めることが可能です。

会話をする仕事

コンビニの店員として働く場合、利用客がレジに持ってきた商品のバーコードをバーコードリーダーで読み取り、合計金額を伝えてお金をもらいます。レジのほかには、商品を棚に陳列したり、新商品の呼びかけなどをするのが一般的な仕事内容です。接客業も含まれていますが、利用客との雑談や会話はお互いの距離が縮まったときしか開始されません。また、飲食店のアルバイトでも、メニューの説明をしたり、席までエスコートするだけなので会話がメインということはありません。会話を楽しみたい人は、一般的なアルバイトよりもキャバクラ求人がおすすめです。キャバクラでは、来店した男性客の隣に座り、お酒を作りながら会話に花を咲かせます。男性客の仕事のことや、プライベートで何をしているのかなどを聞きます。利用客は会話を楽しむために来店しているので、時間内を楽しく過ごすために自分自身について話してくれます。その内容にツッコミを入れたり、深く聞いたりすることで自身の印象をアップさせることが可能です。会話が楽しいと感じてくれれば、次回来店したときも指名をしてくれるのでそれが給料に反映してくれます。